カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

こちらもよろしく 紅茶の店オープン

 新たにスリランカ紅茶の店「サニーバ・つかだ」を開店しました。只今開店記念セールを実施中です。ぜひ1度アクセスいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。また、近代美術工芸 つか田でお買い上げいただきますと紅茶をプレゼントいたしております。

坂東33観音札所めぐり結願達成

 今年8月6日に坂東33観音札所第1番寺鎌倉の杉本寺をめぐり始めて、9月25日に日光中禅寺で33か所の札所めぐりは完了したところでしたが、33番の結願寺館山の那古寺を訪れたのは、9月18日でまだ31番目2か所が残っていたため、結願証をいただけなかったので、改めて11月12日に完了したことを報告して、結願証をいただきました。

 3月11日の大震災で多くの方々が犠牲となり、まだ余震が続く中、自分は何ができるか。困ったときの神頼みということで、始めたのがきっかけでした。そのため、札所めぐりは3年かけてゆっくり回るのが普通ですよ、と言われましたが、じぶんとしては、1日も早くお参りをして早く、余震が治まってもらいたいとの思いで3か月の達成となった。大震災から8か月が経過して、東北の皆さんも、どうにか前を向き始めているかに思います。まだまだ大変でしょうが、大事に生きてください。

地元作家の紹介ページを新たに

ネットショップオープン半年、ホームページの充実を図りたいと考えている。佐野市には多くの芸術家が現在活躍している、その作品や活躍ぶりを多くの人に、更に知っていただきたいと思い作家ページを近日オープンしようと今準備に取り掛かっている。第1弾として地元で1,000年前、大阪から平安時代に移り住んだ子孫で伝統ある天明鋳物を継承し、日本伝統工芸展に毎年参加し数々の賞を受けている正田忠雄氏とその奥さんの正田佐代子さんは染めで人間国宝田島比呂子に師事し、共に活躍している。また 茶釜の人間国宝 長野垤志に師事し、千利休も愛用した天明釜の製作に取り組む江田恵氏も伝統工芸展でNHK会長賞など輝かしい実績を持っている。3人の魅力と作品を紹介したい。

フラガールの応援にいわきへ

 3月の大震災以後スパリゾートを離れ、フラガールたち28人は全国150か所を回るきずなキャラバンを行い、わが町佐野に2回来て、元気にフラダンスを披露してくれた。そして10月1日からいわき市に戻りスパリゾートハワイアンズで再開された。テレビで「フラガール密着180日の記録」が放送をみて、改めて感動した。10月8日に、いわきへ45年前に就職2年目のとき、職場旅行以来であった。映画フラガールを見たときも、昔の自分をまた思い出した。自分の人生とダブル、一生懸命頑張ってきたが、振り出しに戻り、新たなスタートとして、頑張っている姿におもいきり、応援したくなる。

第58回日本伝統工芸展を見て、思うこと。

 9月21日から10月3日まで、日本橋三越7階で第58回日本工芸展が開催されており、9月24日に見てきた。今年は、陶芸部門では日本工芸会会長賞に神農巌氏の堆磁線文鉢が、日本工芸会奨励賞に庄村久喜氏の白妙磁彩鉢が受賞を受けた。神農氏は2年前に朝日新聞社賞を受賞しており、大器へと変貌する最も期待する作家といえる。当店ホームページで神農氏のぐい呑を掲載していたが 9月23日に完売してしまったが、その後問い合わせやホームページでの閲覧が9月だけで350件を超えており、反響と人気の高さに驚くとともに、その後アクセスいただいた方に大変申し訳なく思うところです。毎回本市から日本工芸展には陶芸で島田文雄氏、金工で正田忠雄氏、江田恵氏が出品していた。今回江田恵氏が出品がなかったのが残念であった。人間国宝の認定に茶釜があり、その技能は天明釜、芦屋釜の技能保存にあるにも関わらず、天明釜、芦屋釜の技能者からの人間国宝がいない。その門前となる工芸展に出品しないなかで、正田氏、江田氏が風穴を開けようと取り組んできているが、その一角が今回出品しないのは残念としか思えない。これからの活躍を期待したい。

開店してから1週間 ほっと

開店して、1週間が過ぎ、これまで準備で忙しかった日々から、落ち着いた感じで過ぎました。開店してもHPを見てもらうのには、時間がかかるだろうと思っていましたが、1週間でアクセス数が2,400件を超えたことに、驚きとほっとした思いです。これから飽きられないよう、工夫していきたいという気持ちを新たにしました。(H23.4.18)

大震災から1月、ガンバレ日本、ガンバレ東北、そして

 23.4.11 <br>                                        今日開店しました。今日は東日本震災からちょうど1月目、復興に向けて前を向いてスタートした日、日本も自分も応援をもらっているようです。ガンバレ日本、がんばれ東北、そしてガンバレ自分                   

ページトップへ