カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

2月の房総は花盛り

立春を過ぎても例年になく寒い日が続いていたので、春を求めて2月9日、南房総へ出かけました。途中「道の駅とみうら枇杷倶楽部」で腹を満たすため、名物の枇杷カレーを食べた。甘辛いカレーでとてもおいしかった。レストランの外には、水仙と菜の花が満開で、春真っ盛りといった感じで大勢の観光客で賑わっていました。(写真)洲崎灯台から野島崎灯台へ向かう房総フラワーラインの沿道の菜の花は素晴らしかった。千倉の道の駅前には花摘みのできる花屋が軒を連ね、どの店も花摘みの観光客で賑わており、花摘みを楽しんで春を満喫できた1日でした。

2013年の桜

2013年の桜見物  関東で桜見物といえば、幸手の権現堂1000本の桜堤(3月28日満開となる)

大河ドラマの舞台会津八重の桜が満開(4月19日)

三春の滝桜は日本3大桜の一つで東西22m、南北17mの巨樹として、天然記念物に指定されている。(4月19日)

秩父羊山公園は「芝桜の丘」として、平成12年に開園。ダンエルクッション、スカーレットフレーム、オータムローズなど9種類の芝桜でキルトパッチワークのようです。(4月25日)

花の絨毯150万本のチューリップ (新潟五泉町市)

チューリップまつりが産地である新潟県五泉市で開かれており、150万本のチューリップが畑一面カラフルな絨毯を敷いたようで見事でした。(4月29日)  


3haの畑に、白いチューリップ


チューリッツプの苗の販売も好評7本で500円

空と海と花が奏でる青のハーモニー (国営ひたち海浜公園)

450万本のネモフィラがみはらしの丘を空と海と花が奏でる青一面のハーモニーは壮大なパノラマシーンは圧巻(5月6日)  


可憐な花が織りなす幻想の世界


みはらしの丘に響く願いの鐘

ページトップへ